性行為が原因で発症したヘルペスの初期症状としては様々なものが挙げられます。軽い症状だと気づかない人が多いです。早急に気づくことが重要なので、このサイトではヘルペスの情報とその薬、バルトレックスについて掘り下げてご紹介します。

バルトレックスの写真

バルトレックスと風邪薬の併用は可能?

バルトレックスはヘルペスウイルスがもたらす様々な病気に用いられる薬です。性器ヘルペスや口唇ヘルペス、帯状疱疹などの治療に広く使われています。バルトレックスはヘルペスウイルスの増殖を抑えてくれる薬ですので、早期に服用すれば回復までにかかる時間を短縮でき、症状の悪化を防いでくれます。
医療機関でバルトレックスを処方される場合、病気の種類にもよりますが、多くの場合で5日分が処方されます。もし症状が改善されたとしても、処方された日数分はすべて服用してしまうことが基本です。ただヘルペスウイルスがもたらす症状は、風邪などで免疫力が低下したときに現れますので、ヘルペスの治療と同時に風の治療も必要になることも多々あります。この場合、バルトレックスと風邪薬の併用は可能なのでしょうか。
結論から言えば、バルトレックスと風邪薬の併用は市販薬も含めて基本的には可能です。バルトレックスはあくまでもヘルペスウイルスに対して作用するものですので、双方の薬を併用しても特に問題はありません。もちろん医療機関を受診した場合は、バルトレックスを服用していることを告げれば、それを考慮した風邪薬を処方してくれますので問題ないでしょう。バルトレックスを処方してもらった皮膚科などで、風邪の治療薬を処方してもらうことも可能です。
ドラッグストアや薬局などで市販されている風邪薬を使用する場合は、薬剤師に相談してみるのもひとつの方法です。市販の風邪薬の中には様々な成分が含まれていますので、それらの影響が心配な人はプロに聞いてみるのが最もいい方法です。ドラッグストアや薬局などには基本的に薬剤師が配置されていますので、気軽に相談してみるといいでしょう。