性行為が原因で発症したヘルペスの初期症状としては様々なものが挙げられます。軽い症状だと気づかない人が多いです。早急に気づくことが重要なので、このサイトではヘルペスの情報とその薬、バルトレックスについて掘り下げてご紹介します。

バルトレックスの写真

ヘルペスの痺れや発熱等の症状にはバルトレックス

バルトレックスは、アシクロビルに非極性側鎖アミノ酸の一種バリンをエステル結合させたバラシクロビルを主な成分とするDNA合成酵素ポリメラーゼを阻害する抗生物質であり、体内でバラシクロビルがウイルス及び宿主由来のチミジンキナーゼによりリン酸化されアシクロビル3リン酸となり、DNAポリメラーゼによりデオキシグアノシン3リン酸と置換される事により、ヌクレオチドが付加されずDNA合成が阻害されウイルスの増殖が抑制されます。バルトレックスは、性器ヘルペス(GH)や口唇ヘルペス、水痘、帯状疱疹などの治療薬として用いられ、特に性器ヘルペスに関しては再発を予防する治療にも用いられています。GHは、単純ヘルペスウイルス(HSV2型)に感染する事により発症し、初めての感染時には発熱や倦怠感、関節痛等の感冒症の様な症状を発症するケースもありますが、感染者の多くに自覚症状が無い性行為感染症です。HSV2型は、ウイルスの外膜エンベロープやテグメントタンパク質、遺伝子情報が入っているカプシドなどが宿主の細胞由来なので、HSV2型は三叉神経や脊髄神経、腰仙骨神経などの神経節に潜伏感染感染し休眠状態になります。その為、疾患や過度の疲労、過剰なストレスなどにより免疫力が低下するとHSV2型が活性化し再発します。GHは、HSV2型による度重なる再発により再発症状が軽症となる傾向があり、再発時にはむず痒さや腰痛、膝下に神経痛の様な痺れ感など再発の予兆を感じる感染患者もいますが、自覚症状が無いケースがほとんどです。GHは、再発の予兆や下半身に違和感を感じたら速やかにバルトレックスなどの抗生物質を配合した治療薬を服用する事で辛い思いをする事無く、短期間でGHの再発症状を鎮静化する事が出来ます。