性行為が原因で発症したヘルペスの初期症状としては様々なものが挙げられます。軽い症状だと気づかない人が多いです。早急に気づくことが重要なので、このサイトではヘルペスの情報とその薬、バルトレックスについて掘り下げてご紹介します。

バルトレックスの写真

膀胱炎を誘発するヘルペスにバルトレックスを格安購入

バルトレックスは、グラクソ・スミスクライン社が製造販売するDNAポリメラーゼ阻害薬であり、口唇ヘルペスや性器ヘルペス、水痘・帯状疱疹などの治療に用いられている抗生物質です。性器ヘルペスは、単純ヘルペスウイルス2型HSV-2に感染する事により外性器に水疱瘡の様なブツブツが形成され、むず痒さや痛みを伴います。しかし、一般的に発症後も自覚症状が非常に少ない為に、感染に気付かず感染を拡大したり適切な治療が遅れ、女性は膣炎や子宮頸管炎、卵管炎、骨盤内腹膜炎など引き起こし、最悪の場合には子宮頸癌や卵管卵巣腫瘍、卵管留水腫を発症し不妊症となります。男性は、尿道炎や前立腺炎から副睾丸の腫れる精巣上体炎を発症するケースやヘルペスウイルスが膀胱に侵入し膀胱炎様相の排尿痛や頻尿などの症状が現れる事があります。治療としては、バルトレックスやゾビラックスなどの抗生物質を投与しますが、ヘルペスウイルスは宿主細胞由来の外膜エンペロープやDNAを納めたカプシドなどを有する事から、三叉神経や脊髄神経、仙髄神経などの神経節の奥深くに潜伏感染する事が出来るので、バルトレックスやゾビラックスなどの治療薬でも体内のウイルス全てを死滅させる事は不可能です。その為、体調不良や過度の疲労、過剰なストレスの蓄積などにより、著しく免疫力が低下する度に再発を繰り返すので、いつでも服用できる様に常備薬として手元に置いている人も多くいます。しかし、バルトレックスは、症状が無い場合には保険が適応されず自由診療の全額負担となり、処方箋薬なので一般のドラッグストアや薬局では購入する事が出来無い医薬品です。その為、格安で購入出来る個人輸入で購入する人が増えています。